インターンシップを企業が行う理由

インターンシップを企業が行う理由

大半の企業において、双方が気に入れば就職をしてほしい、という気持ちがあります。良く学生の方々に、「学生で何も分からないのに、なぜ企業はインターンシップ採用をしてくれるのか。

」と質問を受けます。入社後3〜5年以内に退職されると、その採用は失敗(赤字)ということがいえます。

インターンシップ後の就職は、企業にとっても理想的な採用手法といえます。反対にそのピュアーなマインドを求めています。

学生のみなさんも、どの企業に入社をしても最低でも3〜5年は働くという意識を持っておいてください。日々の生活に追われ、会社とか社会のことが見えず数多くの不満を抱え、打算的に仕事を嫌々してる人が増えています。

コレは就職でもそうですけど、最初からアナタの能力を求めてはいません。青田買いと言われたりもしてますが、むしろインターンシップを体験した方の離職率はずいぶん低く、どの企業も長く定着してくれる人材を求めてます。

企業のいちばんの損失は早期退職です。それなら、反対に意欲ある学生の人達と仕事がしたい、と思う企業が増えています。

ベンチャー企業就職だけでは無く、どの企業も意欲溢れる方々と一緒に仕事したい、と考えているものですけど、実のところそうした社会人は少なくないとはいえません。